インプラント治療を茨城県行方市で。安心・安全で専門医と最新設備で安心手術を提供します
ブログ
  • HOME »
  • 安心・安全なインプラント治療のために

安心・安全なインプラント治療のために

当院で使用しているインプラントメーカーとその信頼性

当院では、1回法のチタン製インプラントを世界で始めて開発・製品化したスイスのストローマンインプラントを使用しています。

ストローマン社製インプラントのメリット

また、非営利、非政府系のインプラント学術グループとしては世界最大の学術グループ
ITI (International Team for Implantology)と1980年以来パートナーシップを結んでいます。

ITIは、インプラント歯学ならびに関連する組織再生学の発展のために設立されました。

歯科学・口腔外科学・歯科補綴学・生物学・生化学・冶金学・物理学・歯科技工学など各分野の専門家ネットワークで構成され、科学的理論に基づいた実験や臨床研究を行っています。

ITIの研究成果はStraumann(ストローマン)インプラントの製品開発に反映されています。Straumannインプラントの信頼性の高さは数々の学術論文に掲載されています。

→http://www.iti-japan.org/

またITIトリートメントガイドは、インプラント治療のガイドラインとして世界で広く普及しております。

当院で使用しているストローマンインプラントの生存率・成功率は、例えばDental implants placement in conjunction with osteotome sinus floor elevation: a 12-year life-table analysis from a prospective study on 588 ITI implants.
Clin Oral Implants Res. 2006Aug;17(4):479.
によれば、12年後の時点で生存率94.8%、成功率90.8%と報告されています。これは、例えばブリッジの平均使用年数が8年(口腔衛生学会雑誌, 45 : 788~793,1995)との報告と比べても大変長持ちです。

▲安心・安全なインプラント治療のためにのTOPへ

当院の治療設備

1、歯科用エックス線CT

お口の中を立体的な画像や断層で撮影するCT

20125月現在、CT2%の歯科医院にしかありません。

当院では、この最新医療機器を導入し、より確かな画像診断とそれに基づく治療を行っております。

根の治療、歯周病の治療、親知らずの抜歯、インプラントなど歯科治療のあらゆる場面で活躍します。

CT

図1.jpg

2.歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)3台

マイクロスコープ

3.患者さんに使用する器具は、すべて滅菌・消毒しております。

0006.jpg

4.歯や義歯、金属の切削片による空気汚染防止のため、すべての診療台に口腔外吸引装置を設けています。

オートクレープ.jpg

5.よりよいコミュニケーションのため、診察室は、個室・半個室設計。

さらに、すべての診療台に目線を合わせたカウンセリングデスクを設置しています。

2ユニットブルー.jpg   2ユニットグリーン.jpg

6.インプラントの手術を行うのは完全個室の診療室にて行います。

全身状態を監視するためのリアルタイム生体モニター(血圧・脈拍・酸素分圧)をつけ、手術用の無影灯のもとで手術を行います。

リアルタイム生体モニター  手術用無影灯

また、救急時に備え、救急医薬品、AED、小型酸素ボンベも常備しております。

救急時の備え

救急時の備え

7.院内に車椅子を完備。トイレも車椅子利用可。玄関で院内用車椅子にのりかえ、不自由なく診察が受けられます。

院内に車椅子


8.被曝線量の少ないデジタルレントゲンを使用しています。

デジタルレントゲン


9.きれいきれいスリッパ殺菌灯つきのスリッパいれを特注しました。より安心してお使いいただけます。

殺菌灯つきのスリッパ入れ


10.Er:YAGレーザー装置 むし歯を削ったり、歯石をとったり、歯肉切開・止血、口内炎の治療などに使えます。 詳しい情報はこちらへ>>

レーザー装置


11.ピエゾサージェリー

この機械は、歯肉や神経などの軟組織を傷つけることなく、骨などの硬組織が選択的に削れるものです。骨移植などの際、繊細に移植片の採取ができたり、上顎洞底挙上術(サイナスリフト・ソケットリフト)の際に、上顎洞粘膜を損傷することなく、安全に手術をすることができます。また、手術後の腫れや痛みが少ないことも特徴です。

ピエゾサージェリー


12.根管治療(歯内治療)用マイクロモーターとニッケルチタンファイル

この機械は、根管治療の効率をあげ、根管の清掃をすばやく的確に行うためのものです。根管治療中は、ラバーダムをかけ、お口が開きっぱなしとなるため根管治療を短時間で確実に行えるこの機械には、大きなメリットがあります。

根管治療 根管治療


13.デジタル口腔内写真システム

口腔内専用カメラにより撮影した画像を数分でとりこみ、院内のどこのユニットでも見ることができます。
また、過去の写真との比較を組み写真で見比べることによって様々なことを観察し知ることができます。

口腔内写真システム


14.CGF(サイトカインを多く含んだ自己血液フィブリンゲル)作製装置

CGFの使い方としては

1 止血・感染防止・手術後の痛みの軽減
2 骨移植材の代わりとして使用(ソケットリフト・サイナスリフト)
3 骨移植材と混ぜて使用(骨造成術、サイナスリフト)
4 生物膜、メンブレンとして使用(術後の腫れが大きい減張切開をしないで済む)

などがあります。

CGF(サイトカインを多く含んだ自己血液フィブリンゲル)作製装置 CGF(サイトカインを多く含んだ自己血液フィブリンゲル)作製装置 CGF(サイトカインを多く含んだ自己血液フィブリンゲル)作製装置

▲このページのTOPへ

 

見取り図

待合室

待合室 待合室

受付・院長室・カウンセリング室

受付 院長室 カウンセリング室

診察室6・オペ室

診察室 診察室 0004

診察ホール

診察ホール

診察室

診察室 診察室

ミーティングルーム

ミーティングルーム

休憩室

休憩室

トイレ

トイレ

外観 外観

Er:YAGレーザー装置について

様々な使用目的と効能・効果が、薬事承認されています。多様な臨床ケースに対応できます。

Er:YAGレーザー装置

ポケット内照射

コンタクトチップC400F 60mJ 10pps 注水有り

ポケット内をゆっくり根面にふれないように動かしていいくと容易に歯石除去が行えます。

ポケット内照射

歯肉切開(萌出困難歯の開窓)

コンタクトチップS600T 60mJ 10pps 注水有り

チップをゆっくり動かすことによって、止血をしながら容易に無麻酔にて切開ができます。

歯肉切開(萌出困難歯の開窓)

う蝕除去

コンタクトチップC800F 300mJ 10pps 注水有り

硬組織切削のポイントはチップの先端を強く押しつけないで軽く触れないがら動かすことと、水をうまくコントロールすることです。

う蝕除去

色素沈着除去

コンタクトチップC800F 120mJ 10pps 注水有り

この症例ではC800Fの広い照射面を用いて、ディフォーカスにてゆっくりと円弧状に動かすことがポイントです。

色素沈着除去

その他医院の施設はこちらへ

CT及びシュミレーションソフトによる3D診断とサージガイド

以下は、当院で使用しているインプラントのシュミレーションソフトを提供しているマテリアライズ デンタル ジャパンのHPより引用いたしました。

http://www.simplant.jp/release/patient_implant09.html

インプラント(人工歯根)治療を適切に行うためには、顎の骨の状態を詳しく調べることが重要です。
そこで、病院でCT検査を行うことによって顎の骨の断面画像を撮影し、歯科医院ではその画像を見ながら治療の計画を立てます。より安全で、無理の無い治療を受けることができる最新の方法です。

CTとはどういうものでしょうか?

コンピュータ断層撮影

コンピュータ断層撮影(computed tomography)の略で、X線とコンピュータを使ってからだの断面を輪切りの状態(断層画像)で見ることが出来るようにする装置です。断層画像からは体の各臓器の形態、大きさ、位置などを確認することが出来ます。

何のために診断を行うのでしょうか?

CT診断

歯医者さんではよくX線撮影をしますが、これは一方向にX線を透過させただけの簡単なもので、見たい位置の画像を撮影しなければなりません。
X線撮影をした画像は、歯の様子を見たり虫歯の様子を治療をするためにはとても役に立ちますが、インプラントの治療においては、あごの骨の厚さや形を調べることが重要です。
CTで撮影した画像からは、あごの骨の形や硬さがわかるだけでなく、鼻の病気や神経の位置なども調べることが出来ます。

CTを撮影するには、歯医者さんと提携している近くの病院に予約を入れてから撮影に行きます。病院ではCTを使用してわずか数十秒の撮影時間で顎の骨の断層撮影を行いますが、準備がありますので全体では30分から1時間くらいととお考えください。

歯医者さんではどんな説明がありますか?

歯医者さんでは、コンピュータを使って画面を見ながら一人一人の治療法方やそのためにかかる費用を丁寧に説明してくれます。

治療説明 コンピュータを使って説明

 

 SimPlant®(シムプラント)は、インターナショナルなデファクトスタンダードとなっている、インプラント術前シミュレーションソフトです。治療計画データから作成できるサージガイド・SurgiGuide®(歯科インプラント用ドリルガイド)により、安全・確実なオペの実現までをトータルにサポートします。

CT画像より作成する3D画像により、治療計画をされる先生はもちろんのこと、インフォームドコンセントにおける理解度も大幅にアップさせることが可能です。リアルな3D画像による治療計画やオペのイメージトレーニングにより、安全性を高めたオペが実現されます。

 SimPlant®(シムプラント)

主要インプラントメーカー様のご協力により、リアルなインプラント(フィクスチャ・アバットメント)の表示が可能となり、各製品の特性にあった詳細なシミュレーションが行えます。

また、分かりやすい3D画像により、ドクターが治療計画を総合的にチェックできることはもちろん、患者様への説明においても大きな効果を発揮します。最終補綴イメージ(バーチャルティース)を表示できるので、バランス良い治療計画の立案が可能です。

最終補綴イメージ(バーチャルティース)を表示できる

最終補綴イメージ(バーチャルティース)を表示できる

image011.jpg

インプラント治療の流れに実際の患者さんでシュミレーションした画像がご覧頂けます。

▲安心・安全なインプラント治療のためにのTOPへ

PAGETOP