インプラント治療の利点を列挙すると以下のようになります。
私自身も、もし、歯を失うことになったら迷わずインプラント治療を選びます。

  • とり外さない固定式の治療法
    (ネジ止めなら、歯科医師はとり外せる⇒修理しやすく、トラブルに対応)
  • 取り外しの義歯に使った場合、義歯の受圧条件・加圧条件を改善し、義歯の安定が図れる
  • 残存歯を削らない・負担をかけない
  • 残存骨の保護
  • かみきりがよい
  • 動かない
  • かみあわせが長く保たれ(=無理な力による破壊が起きにくい)、メンテナンスしやすい。
  • 自然感
  • 顔の変形を防ぐ
  • むし歯にならない
  • 長持ち

当院で使用しているストローマンインプラントの生存率・成功率は、
例えばDental implants placement in conjunction with osteotome sinus floor elevation: a 12-year life-table analysis from a prospective study on 588 ITI implants.
Clin Oral Implants Res. 2006Aug;17(4):479.

によれば、12年後の時点で生存率94.8%、成功率90.8%と報告されています。これは、例えばブリッジの平均使用年数が8年(口腔衛生学会雑誌, 45 : 788~793,1995)との報告と比べても大変長持ちです。

インプラントのメリット

●インプラントを用いない従来の治療法

インプラントを用いない従来の治療法

 

●インプラントを用いた治療法

インプラントを用いた治療法

1.インプラントの持つ可能性

歯が抜けてしまった場合の解決策

●歯が1本ない場合

歯が1本ない場合

2.インプラントの持つ可能性

●歯が複数ない場合

歯が複数ない場合

3.インプラントの持つ可能性

●歯が全てない場合

歯が全てない場合

4.インプラントの持つ可能性

●義歯の固定源としてインプラントをしない従来の義歯

従来の義歯

5.インプラントの持つ可能性

●インプラントを用いた義歯

インプラントを用いた義歯 インプラントを用いた義歯
インプラントとバーを用いて義歯を固定する方法 インプラントとスナップのような維持アンカーを用いて義歯を固定する方法

▲インプラント治療のTOPへ