いろいろな患者さんと治療計画を相談していると、

『入れ歯は嫌なんだけど、インプラントの手術は怖くてねえ』

とおっしゃる方がいます。

そこで、当院の疼痛および、心理的不安の軽減のための管理法を説明します。

痛みをとる麻酔法には、全身麻酔・局所麻酔がありますが、歯科医院の外来では、通常全身麻酔は行いませんので、全ての手術の麻酔法は局所麻酔になります。これにより、手術中は完全無痛状態で治療が出来ますが、心理的不安や、骨を削られているときの振動は、冷めた意識状態のまま残ってしまいます。

そこで、鎮静法がいるわけです。これは痛みではなく前述の不安などを取り除くものです。

鎮静法には、静脈内鎮静法、薬剤による鎮静法、笑気ガスによる鎮静法などがあります。

当院では、ほとんどの患者さんに笑気ガス+ 静脈内鎮静法or薬剤による鎮静法を行って治療しています。

この形で手術をいたしますと、後から手術中の記憶を思い出せない位、いわば眠った状態で治療が受けられます。

そのため、手術中も全く怖くなく、不安もなく治療を受けられます。

以下この鎮静法についてご説明します。

静脈内鎮静法;

これには、一般的に術者(手術を行う歯科医師)の他に、患者さんの全身管理を専門に行う麻酔医が必要です。これにより、術中の鎮静だけでなく、血圧や呼吸などの変動にも的確に対処できます。持病を持っておられる方や、手術の侵襲が大きかったり、手術時間が長い場合は最適でしょう。
しかし、欠点としては麻酔医に支払う時間単価が、治療コストに上乗せされることがあげられます。

手術の様子 手術の様子2

薬剤による鎮静法;

ここで使われる薬剤はマイナートランキライザーといわれるもので、不眠症の患者さんの睡眠導入剤(いわゆる眠り薬)です。その中でも、逆行性健忘といって、うとうとしている時すなわち、術中の記憶を後からよく思い出せない効果をもつ薬剤を使っているため、手術中はもちろん、手術前におトイレに入ったことや、帰り道なども覚えていない方がほとんどです。

帰りはもちろん運転できませんので、代行を利用するか、送り迎えが必要です。
利点としては、麻酔医をつけなくても大丈夫なため、費用の面で負担が少なくなります。

なお、そういう場合でも、リアルタイム生体モニターにより、全身をモニターしながら手術を行っています。

当院のリアルタイム生体モニター

リアルタイム生体モニター

笑気ガスによる鎮静法

さらに、鼻から笑気ガスといって、不安や緊張を軽減し、ほろ酔い気分になるような感じのガスを吸って手術を行っています。

インプラントの手術は、基本的には、感染のない骨に感染のないインプラントを入れる手術であり、膿んでいる状態で抜歯する場合のように、すでに感染のあるところに傷をつける訳ではありません。
手術にもよりますが、骨造成などを行わない通常の手術であれば、術後の腫れは軽微です。