ほぼ全く腫れないフラップレス手術というものがあります。歯肉を切って開かずに、インプラントを埋める手術です。
当然、切開、縫合などがないため、手術の時間も短く、痛みも少ないし術後経過も楽です。
ただし、希望する方全員にできるわけではありません。

インプラント手術には、リスクがあります

→インプラント治療の欠点・リスク

概して言えば、骨が幅も高さも十分ある方にのみ適応可能です。

通常は、CT及びシュミレーションソフトによる3D診断を行い、十分安全な方に、そのCTデータを基に作成したサージガイドと呼ばれる手術ナビゲーションガイドを利用して手術を行います。

→CT及びシュミレーションソフトによる3D診断とサージガイド

SurgiGuide®(サージガイド)は、SimPlant®(シムプラント)の治療計画データより作成される、光造型による歯科インプラント用ドリルガイドで、治療計画通りのオペの実現を支援します。

無歯顎なら粘膜支持・少数歯欠損なら歯牙支持でのフラップレス・・・症例にあわせガイドを支持するタイプを選択できますので、多くの症例に適用が可能です。骨支持タイプには、骨モデルをサービス提供しておりますので、オペ前にドリルのリハーサルが行えます。

ドリリング位置と角度をコントロールするクラッシクタイプに対し、SAFE System®(セーフシステム)は、更にドリリング深度・インプラント埋入深度までコントロールできるタイプです。ストッパー付のセーフドリルを併せてご使用いただきます。

歯科インプラント用ドリルガイドとして日本で薬事申請済みです。

歯科インプラント用ドリルガイド

この分の費用が割高になりますが、低侵襲で快適な治療法です。
わたしも、インプラントが必要でこれが可能ならこの方法を選びます。

当院の症例

当院の症例