インプラント治療を茨城県行方市で。安心・安全で専門医と最新設備で安心手術を提供します
ブログ

費用

はじめに

インプラント治療をできることなら安く受けたい。
誰しも考えることですが、「安く」とはどういうことでしょうか?
多くの方が治療の際に払う治療費が「安く」と考えると思います。
それって、本当なのでしょうか?

インプラントに限らない話ですが、何度かの手術を受け、時間がかかり、費用をかけた治療結果は、長持ちしてこそ、治療してよかったと思えるわけです。

長持ちすればするほど、当初の治療費は、使用できた期間で割っていくことで割安になっていく訳です。
ですから、当初何万円の違いがあったとしても、その後の長持ちをどれだけ考えてくれる歯科医院かをよく吟味して、インプラント治療を受けてください。

どれだけ長持ちするかに影響する因子の中には、

1)術前の治療(歯周病の患者さんは、まず歯周病を治してから出ないとインプラントも歯周病【インプラント周囲炎】になってしまいます)

→インプラント治療の欠点・リスク

2)診査・診断に基づくインプラントの本数・配置(インプラントを骨に埋める手術)

3)補綴治療(歯科医と歯科技工士の総合力)

4)術後管理・定期的なチェックとクリーニング(歯科医と担当歯科衛生士の総合力)

などがあると思われます。

どうしても、当初の支払額に目が行きがちですが、こうした点もよく吟味する必要があると思います。

▲費用・保障についてのTOPへ

安すぎの落とし穴

インターネットを検索していると、インプラント1本10万~とか、52500円~とか激安価格の広告を見かけるかもしれません。

インプラント治療を受けるにあたり、治療費は安いに越したことはありません。

ただ、本当にそうでしょうか?

治療費は安いに越したことはない?

まず先の激安広告ですが、これはインプラント体の値段であって、かぶせものなどの上部構造代が入っていなかったり、手術料や土台代が入っていない場合が多いです。

また、1本の総額表示だとすると、よほど安い値段でインプラントを提供している弱小メーカーのものを使っていたりします。
そうしたメーカーの場合、インプラント治療後5年10年して、例えばかぶせ物のねじが壊れ、パーツを注文しようと思ったら、このメーカーは既に倒産しておりパーツが調達できないという問題も起こりえます。というより、実際、起こっています。
また、価格を低く抑えようとするあまり、滅菌消毒などをおろそかにしたり、経験不足の技工士を利用したり・・・。

安い治療費には裏がある

極端に安い治療費には裏がある。世の中、そんなにうまい話はないわけです。

歯科医院はコンビニよりも数が多いのをご存知ですか?
インプラントのような自費診療の場合、その治療費は各歯科医院ごとに違うわけです。
しかし、この歯科医院過剰時代においては、極端に高い料金設定では当然、適正価格な医院に患者さんは流れてしまいますし、こうした市場の原理により、治療費はある程度適正価格といわれる幅におさまるのではないでしょうか?
それでは、インプラント治療費の適正価格とはどれくらいでしょうか?

一つの目安になるのは、歯学部付属病院ではないでしょうか?
おそらく、1本40-50万程度かかる病院が多いと聞いています。
当院の価格は、適正価格です。価格を低く抑えようとして、治療の質を落とすようなことはいたしません。

安すぎの落とし穴にはご注意を!

▲費用・保障についてのTOPへ

治療費の目安

治療費の目安について(診断料や特殊な外科の費用を除く)

あくまでも最終的な費用は、検査及び診断後のご相談時に決まりますので目安です。

歯が1本ない場合  38万円+税~

インプラントを用いた治療法

歯が1本ない場合


インプラント2本+3本ブリッジ  89万円+税~

歯が複数ない場合


インプラント2本+ボールアタッチメント(義歯は除く)  76万円+税~

インプラント2本+ボールアタッチメント

▲費用・保障についてのTOPへ

自費料金表 (☆税抜き価格)

自費料金は、治療部位や方法、材料、リスク、難易度などに応じて決定しています。
個々のケースについては、十分な相談のもと、同意を得てから治療を行っています。
以下の料金表については、目安とお考えください。


1.インプラント

1)診断料3万円~
2)インプラント本体1本(基本手術料、薬剤、麻酔、アバットメント含む):25万円~
3)骨増生術(GBR)1回法:5万円~
4)骨増生術(GBR)2回法:15万円~
5)ソケットリフト(1回法):4万円~
6)ソケットリフト(2回法):要相談
7)サイナスリフト(片側):15万円~
8)上部構造の冠(通常価格の15000円増となります)

1:PFM冠、ゴールド冠、ジルコニア冠、ロケーター:130000円~
2:磁石:100000円~
9)インプラント義歯:設計により見積もり相談
10)ジルコニアアバットメント:50000円
11)インプラントプロビジョナル(コンポーネント1本使用につき)20000円
12)インプラントメンテナンス1本につき310円


2.義歯いろいろ

1) 金属床義歯(総義歯・チタン製):30~35万円

★ チタンは、コバルトクロムに比べ、生体親和性に富み、軽く、適度に弾力があり、よりお口になじみやすい素材です。
2)金属床義歯(総義歯・コバルトクロム製):25万円
3)金属床義歯・基本(部分床義歯・チタン製):25~30万円
4)金属床義歯・基本(部分床義歯・コバルトクロム製):20~25万円

★ 部分床義歯につくバネ(歯にかかる金具)

◎ エーカース鋳造:18000円
◎ RPI鋳造:23000円
◎ 単独レスト・スパー鋳造:8000円
◎ ワイヤークラスプ:13000円
5)バルプラスト義歯:18万円~
6)天然歯上の磁石:75000円~
7)メタルオクルーザル1歯につき:35000円

▲費用・保障についてのTOPへ

支払い方法

支払い方法は、現金払いか銀行振り込みになっております。

インプラント治療は、長期間にわたるものが多いため、治療費を数分割しインプラント診断時や手術時、完成時などに分けてお支払い頂く事が多いですが、お支払いの仕方については、患者さんのご要望も加味し、個々に決めさせていただいております。

▲費用・保障についてのTOPへ

自費補綴物条件付保障制度(10年間)

自費治療保証制度(2003.1.1~)

自費治療保証制度について

1.保証制度の対象

山口将日の行った自費補綴治療(つめ物、かぶせ物、ブリッジ、義歯、インプラントなど)が対象で、予防・矯正・保隙・移植と移植後根治・外科的てい出などの自費治療を除く。

2.保証内容

山口将日の行った自費補綴治療について不具合が生じた場合、1装置あたりで考え、以下の条件で保証させていただきます。

1)保険で修理が可能な場合(義歯に関する不具合の1部やセラミックの破折など)

⇒保険治療で修理し、健康保険の定める負担額を頂きます。

2)簡単な修理では済まず、自費で再治療する場合、当初かかった費用から免責額を引いた額を1装置あたりで保証します。従って、再治療の際のお支払額は、本来の再治療費から保証額を引いたものとなります。

免責について:1年経過ごとに、1装置あたりの治療費の1割免責。10年経過で保証終了

但し、自費補綴治療を行った時点で喫煙者の場合、1年経過でいきなり3割免責からスタート、8年経過で保証終了。

但し、以下の場合には保証が受けられず、全額治療費がかかりますので、十分ご注意ください。

  • 再治療を保険の範囲で行う場合。(この場合、健康保険の定める負担額を頂きます。)
  • メンテナンス(定期検診)に来ていただけない場合。
    • メンテナンスの間隔は、インプラントの患者さんとそれ以外の患者さんでそれぞれ最大 4ヶ月と6ヶ月なので、前者では年に3回以上、後者では年に2回以上メンテナンスに 来院されないと、それ以降保証制度は受けられなくなります。
  • 取り外しができる形のものを、紛失された場合
  • 取り外しができる形のものを、落下やご自分で調整をして変形させてしまった場合で新規に作り直しが必要な場合。
  • けがや交通事故など、正常な咀嚼運動(食べ物をかみくだく事)以外の外力による不具合。
  • 自費治療以外の部分の不具合を放置したため、自費治療の部分も含めた新規の作り直しを要する場合。

3.インプラントに関する保証の注意

インプラントの場合、インプラント(人工歯根)はインプラントで保証し、うわものの補綴物は 補綴物で1装置ごとに、インプラントとは分けて保証することになります。

4.実例

インプラントでかぶせ物を5本作り、30万円×5本支払い、6年経過後にそのうちの1本が インプラント周囲炎で抜け、もう1本のゴールド冠が壊れ再治療する場合、前者ではこの歯1本に30万円かかっており、6年経過しているためその免責額は30×6割で18万円。

もともと30万円この歯に払ったので、30-18=12万円が前者の保証額。後者では、 インプラントは問題なくゴールド冠のみの不具合のため、保証は、補綴物のみで考えることになります。1本につき払った30万円のうち、ゴールド冠代は9.5万円のため6年経過後の免責額は9.5×6割で5.7万円。従って保証額は9.5-5.7=3.8万円。

よって合計保証総額は12+3.8=15.8万円となり、再治療に本来かかる金額が40万円だとすれば、この場合お支払い頂くのは、24.2万円だけでよいことになります。

★ご自分の歯を1本でも失わないために、定期検診は、必ずお受けください。

▲費用・保障についてのTOPへ

PAGETOP