インプラント治療をできることなら安く受けたい。
誰しも考えることですが、「安く」とはどういうことでしょうか?
多くの方が治療の際に払う治療費が「安く」と考えると思います。
それって、本当なのでしょうか?

インプラントに限らない話ですが、何度かの手術を受け、時間がかかり、費用をかけた治療結果は、長持ちしてこそ、治療してよかったと思えるわけです。

長持ちすればするほど、当初の治療費は、使用できた期間で割っていくことで割安になっていく訳です。
ですから、当初何万円の違いがあったとしても、その後の長持ちをどれだけ考えてくれる歯科医院かをよく吟味して、インプラント治療を受けてください。

どれだけ長持ちするかに影響する因子の中には、

1)術前の治療(歯周病の患者さんは、まず歯周病を治してから出ないとインプラントも歯周病【インプラント周囲炎】になってしまいます)

→インプラント治療の欠点・リスク

2)診査・診断に基づくインプラントの本数・配置(インプラントを骨に埋める手術)

3)補綴治療(歯科医と歯科技工士の総合力)

4)術後管理・定期的なチェックとクリーニング(歯科医と担当歯科衛生士の総合力)

などがあると思われます。

どうしても、当初の支払額に目が行きがちですが、こうした点もよく吟味する必要があると思います。

▲費用・保障についてのTOPへ