Q.インプラントの治療費は?

A.インプラントは自費診療のため健康保険はききません。
また使用本数や修復物の種類などで費用は異なります。
患者さんの要望や患者さんに適した治療と治療費の計画を立てていきます

→自費料金表はこちらへ

Q.リスクはありますか?

A.外科手術により合併症が発生する場合がありますが、歯科医があらゆるリスクについて説明します

Q.インプラントの寿命は?

A.定期的な検診と毎日のお口のなかの清掃ができていれば成功率は10年後で95%以上であることが確認されています。

Q.インプラントを入れるのは痛くないですか?

A.局所麻酔を行いますので、手術中は痛みを感じません。
手術後の症状には歯科医が対応します。
手術に不安な方には麻酔医による鎮静法もあります。

Q.インプラントに年齢制限はありますか?

A.基本的にはどの年齢の方でも行えます。
但し顎の成長の妨げとなる可能性があるため、小児や成長期の方は行えません。

Q. 糖尿病でも大丈夫ですか?

A.内科医師のもとに十分コントロールされていれば大丈夫ですが、状態によってはインプラント手術が出来ない場合もあります。 詳しい病状を歯科医師に伝えてください。

Q. 歯槽膿漏でも大丈夫ですか?

A.歯槽膿漏にかかっている方はお口のなかの衛生状態の悪い場合が多く、そのままではインプラントを入れることはできません。
治療と正しい歯磨きを身につけることで歯槽膿漏を治し、それからインプラントを入れます。

Q.何本入れればいいのですか?多い方がいいのですか?

A.抜けた歯1本に対して必ずしも1本のインプラントを入れる必要はありません。
また、インプラントで維持させる床のついた義歯を入れる場合では少ない数のインプラントで大丈夫です。

Q.手術の際には入院が必要ですか?

A.ごく限られた特別な場合以外は入院の必要はありません。しかし、普通のインプラント手術でも手術後2~3日は安静にしてください。

Q.治療の成功率はどのくらいですか?

A.10年間の成功率は90%以上です。20年でおよそ80%です。
ちなみにブリッジの生存率は10年で83%程度です。
(1995年 Samama Y)

◆ ストローマン社製のインプラントのメリット

  • スイス品質の水準
    (数千分の1ミリ単位で管理し、製造開発)
  • 最新の研究成果
  • 臨床経験
    (約30年で3000社以上の科学文献)
  • 世界のインプラントリーダーの1つ
    (約10年間で300万本以上が使われ、95%以上の聴器成功率。利用している歯科医は7万人以上。)
  • 特殊なインプラント表面
    (6~12週で骨と結合)
  • トレーニングサポート
    (毎年、世界中で約2000回のセミナー、100カ国以上で5万人以上の歯科医師や歯科技工士が参加)

▲インプラントQ&AのTOPへ