インプラント治療を茨城県行方市で。安心・安全で専門医と最新設備で安心手術を提供します
ブログ
  • HOME »
  • 怖くない、痛くない、腫れない手術

怖くない、痛くない、腫れない手術

怖くない、痛くない手術

いろいろな患者さんと治療計画を相談していると、

『入れ歯は嫌なんだけど、インプラントの手術は怖くてねえ』

とおっしゃる方がいます。

そこで、当院の疼痛および、心理的不安の軽減のための管理法を説明します。

痛みをとる麻酔法には、全身麻酔・局所麻酔がありますが、歯科医院の外来では、通常全身麻酔は行いませんので、全ての手術の麻酔法は局所麻酔になります。これにより、手術中は完全無痛状態で治療が出来ますが、心理的不安や、骨を削られているときの振動は、冷めた意識状態のまま残ってしまいます。

そこで、鎮静法がいるわけです。これは痛みではなく前述の不安などを取り除くものです。

鎮静法には、静脈内鎮静法、薬剤による鎮静法、笑気ガスによる鎮静法などがあります。

当院では、ほとんどの患者さんに笑気ガス+ 静脈内鎮静法or薬剤による鎮静法を行って治療しています。

この形で手術をいたしますと、後から手術中の記憶を思い出せない位、いわば眠った状態で治療が受けられます。

そのため、手術中も全く怖くなく、不安もなく治療を受けられます。

以下この鎮静法についてご説明します。

静脈内鎮静法;

これには、一般的に術者(手術を行う歯科医師)の他に、患者さんの全身管理を専門に行う麻酔医が必要です。これにより、術中の鎮静だけでなく、血圧や呼吸などの変動にも的確に対処できます。持病を持っておられる方や、手術の侵襲が大きかったり、手術時間が長い場合は最適でしょう。
しかし、欠点としては麻酔医に支払う時間単価が、治療コストに上乗せされることがあげられます。

手術の様子 手術の様子2

薬剤による鎮静法;

ここで使われる薬剤はマイナートランキライザーといわれるもので、不眠症の患者さんの睡眠導入剤(いわゆる眠り薬)です。その中でも、逆行性健忘といって、うとうとしている時すなわち、術中の記憶を後からよく思い出せない効果をもつ薬剤を使っているため、手術中はもちろん、手術前におトイレに入ったことや、帰り道なども覚えていない方がほとんどです。

帰りはもちろん運転できませんので、代行を利用するか、送り迎えが必要です。
利点としては、麻酔医をつけなくても大丈夫なため、費用の面で負担が少なくなります。

なお、そういう場合でも、リアルタイム生体モニターにより、全身をモニターしながら手術を行っています。

当院のリアルタイム生体モニター

リアルタイム生体モニター

笑気ガスによる鎮静法

さらに、鼻から笑気ガスといって、不安や緊張を軽減し、ほろ酔い気分になるような感じのガスを吸って手術を行っています。

インプラントの手術は、基本的には、感染のない骨に感染のないインプラントを入れる手術であり、膿んでいる状態で抜歯する場合のように、すでに感染のあるところに傷をつける訳ではありません。
手術にもよりますが、骨造成などを行わない通常の手術であれば、術後の腫れは軽微です。

腫れない手術:flapless手術

ほぼ全く腫れないフラップレス手術というものがあります。歯肉を切って開かずに、インプラントを埋める手術です。
当然、切開、縫合などがないため、手術の時間も短く、痛みも少ないし術後経過も楽です。
ただし、希望する方全員にできるわけではありません。

インプラント手術には、リスクがあります

→インプラント治療の欠点・リスク

概して言えば、骨が幅も高さも十分ある方にのみ適応可能です。

通常は、CT及びシュミレーションソフトによる3D診断を行い、十分安全な方に、そのCTデータを基に作成したサージガイドと呼ばれる手術ナビゲーションガイドを利用して手術を行います。

→CT及びシュミレーションソフトによる3D診断とサージガイド

SurgiGuide®(サージガイド)は、SimPlant®(シムプラント)の治療計画データより作成される、光造型による歯科インプラント用ドリルガイドで、治療計画通りのオペの実現を支援します。

無歯顎なら粘膜支持・少数歯欠損なら歯牙支持でのフラップレス・・・症例にあわせガイドを支持するタイプを選択できますので、多くの症例に適用が可能です。骨支持タイプには、骨モデルをサービス提供しておりますので、オペ前にドリルのリハーサルが行えます。

ドリリング位置と角度をコントロールするクラッシクタイプに対し、SAFE System®(セーフシステム)は、更にドリリング深度・インプラント埋入深度までコントロールできるタイプです。ストッパー付のセーフドリルを併せてご使用いただきます。

歯科インプラント用ドリルガイドとして日本で薬事申請済みです。

歯科インプラント用ドリルガイド

この分の費用が割高になりますが、低侵襲で快適な治療法です。
わたしも、インプラントが必要でこれが可能ならこの方法を選びます。

当院の症例

当院の症例

PAGETOP